S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
真野晃/(有)真野晃建築環境設計
最後は、真野晃さん((有)真野晃建築環境設計)です。

建築家ポートフォリオ&住まいの作品集
■真野晃  (有)真野晃建築環境設計


真野晃/(有)真野晃建築環境設計【家づくりについて】
気持ちの良い場所・イメージが膨らむ空間・自然とつながる住まいを創ること。
○ 住まい手の方に、ずっと気持ちよく住んでいただくためには、ちょっとした寸法、素材の肌触り、光の変化等々ひとつひとつを大切にすることだと思います。
○ 熱、光、風等自然のエネルーギーを取り込んで、快適な住まいを創ることは、設計者として取り組んできたテーマです。
○ 木構造では、伝統木工法の特性を生かした架構に取り組んでいます。
(現在の木造在来工法は、伝統工法とはまったく異なる架構法であり、改善すべき点が多々あります)


【住宅01】 伊東の家  風と景色を楽しむ家
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
伊東の海を見下ろす景観のなかで吹き抜ける風を感じ、心身をリフレッシュさせるための週末住宅。建具は引き込み式で、フルオープンとなり山側の庭と海側の風景、そして風をいっぱいに取り込みます。格子戸からは、夏の夜、風が屋内に流れ込みます。その他にも、この家には風を取り込む様々なしかけがあります。
建築費を抑え、ムクの材料を使うための工夫として、ネズコの丸太1本を購入し、製材から乾燥まで自分たちで行い、床の間・障子・戸板等に使用しています。


【住宅02】 中野の家  小さな敷地の豊かな生活
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
東京都内の比較的狭い敷地(88平米)に建つ住宅。1階の和室や浴室につながる2つの小さな庭は、四季を演出します。
2階は光溢れるリビング、赤い屋外階段を上ると屋上テラスと、階層ごとに生活の場面を変化・展開させることにより、敷地の特性を生かした計画となっています。
道路側に設けた金属製の半透明スクリーンは、光を取り込みながらプライバシーを守ります。


【住宅03】 高台の家  方形天井と光階段の家
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
神奈川県横浜市の高台に建つ2世帯住宅。
2世帯の自然な行き来が出来るよう、トップライトからの光が溢れる階段で1階と2階をつないでいます。階段室を含んだ2階の方形天井は、1つ屋根の下の家族の集いの場を象徴するデザインです。


【住宅04】 埼玉の家  吹き抜けまわりで自由に過ごす家
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
光がふりそそぐ吹き抜けを中心に、家族が思い思いに過ごすことのできるスペースを設けました。
ダイニングスペースのフルオープンの建具をあけると、屋根付きのデッキと屋内はひとつのスペースとなります。庭に面したデッキでは、外での食事や読書を楽しむことができます。
吹き抜け廻りの2階には読書、趣味の作業等に家族が自由に使うことの出来る、フリースペースが設けられています。

【住宅05】 新百合ヶ丘の集合住宅  可変プランの賃貸住宅
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
新たに宅地造成で開発された地区に建つ、地下と地上1階が店舗、上階が賃貸住宅の建物です。
街との繋がり
1階廻りは、店舗及び住宅のエントランスを連続的にデザインし、街角にもれてくる明かり、かいまみえる内部の様子により、街角ににぎわいを創り出しています。
可変的な住戸プラン。
60前後の広さの住戸は、引き戸、折れ戸の開閉により、全体をワンルーム的にも、2個室+LDKとしても使える可変プランとなっています。
床までのピクチャーウインドウ、ラーメン構造を生かした水平連続窓等により、インテリアの視覚的な広がりを創り出しています。
また、将来の改装時に住戸規模の見直しが出来るよう、住戸間の間仕切り壁は、取り壊しが容易な乾式工法を採用しています。


【住宅06】 14世帯からなるコーポラティブハウス  集まって住む:コーポラティブハウス
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
真野晃/(有)真野晃建築環境設計 真野晃/(有)真野晃建築環境設計
14世帯からなるコーポラティブハウス(住民参加方式の共同住宅)です。土地の購入から住戸計画まで、参加者と打ち合わせをしながらプロジェクトを進めました。
話し合うことにより、各人のライフスタイルにあった住まいが実現します。
また参加者同士が、計画段階から顔見知りになるなど、人のつながりを大切にしたプロジェクトです。

詳しい情報は、こちらから!
[PR]
by sumaito_news | 2009-02-03 17:03 | 建築家