S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
こんにちは。すまいとの岩谷です。
今日ご紹介する建築家は、岩佐周明さん(一級建築士事務所 岩佐設計工房)です。
『house-O / 目黒の家』と『house-F / 元郷の家』は、近隣のざわざわした環境を切り離しつつ、光庭やテラスを自在に多用し、静かで落ち着いた内部空間が現れています。
逆に、『Atelier・house-N / つくばの家』では恵まれた環境を最大に活かした大開口で、非常に楽しげな住まいになっています。

建築家ポートフォリオ&住まいの作品集
■岩佐周明  一級建築士事務所 岩佐設計工房


岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房【家づくりについて】
クライアントは、どんな暮らしがしたいのか、何が欲しいのか、自分のライフスタイルについてよく考えてそれを伝えることが大切だと思います。
わたしはその真意を汲み取り、敷地の特性や様々な条件と合わせてより良い計画を模索し実現をする信頼出来るベストパートナーでありたいと考えています。家づくりはそんな役割で進められたらと思いますので気負わず何でも話してください。
どのような環境においても信頼性の高いシンプルで心地よい普段着の様な家づくりを心がけています。

【住宅01】 house-O / 目黒の家  住宅密集地で風と光に包まれる家
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
敷地は北側の前面道路以外3方向から隣家が迫る南北に細長い閉塞感のある住宅密集地で、そこにいかに光と風を導き心地よい住まいとするかが課題となった。
計画は、3層の矩形の平面と敷地境界の奥行き方向に沿った大壁の配置が基本的な構成となっている。その2つの要素の間に生まれたスペースに、光庭、テラス、吹抜、スケルトン階段、トップライトといった風と光を導く仕掛けを立体的にちりばめることでメリハリの効いた表情豊かな住まいを実現している。
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房 岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
撮影:傍島利浩


【住宅02】 house-F / 元郷の家  プライベートテラスがある家
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
敷地は時代変化の影響で低層木造住宅と工場と急速に建ち始めたマンションが混在する地域にある。
要望としては、近隣の視線から遮断されたペット(小型犬と猫)と戯れることができるプライベートなテラスが欲しいという特徴的なものがあった。
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房計画は、今後の地域変化の中でも変わらぬ光と風を得る為に、2階をテラスが東西方向に貫通する凹型の建物断面形状にしている。北側のマンションから見降ろされる視線を遮りつつ光と風を呼び込む2階のルーフテラスと光天井は、そこで得た柔らかな風と光を階下まで導き、施主の穏やかな暮らしを包んでいる。また2層分吹抜けた1階の中庭テラスは煙突効果で緩やかな空気の流れを造り出している。
向いの神社の杜に呼応させた外構の植栽が成長し魅力的な街路空間を創り出している。
□第14回川口市都市デザイン賞受賞
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房 岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
撮影:高山幸三


【住宅03】 Atelier・house-N / つくばの家  住森と空を切りとるアトリエ・住宅
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
敷地は研究学園都市から適度に距離のある山林で都市と郊外の両方の生活を楽しめる立地にある。子供の頃から慣れ親しんだ山林を宅地として切り開き、施主参加で仕上げまでしている。森と空の様々な風景を切りとるおおらかな内部空間を持つ画家のアトリエ付き住宅である。
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房 岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
森へと続くデッキテラスとリビング。森と空を一望するバスルーム。空を切りとるルーフテラス、、、。生活の様々なシーンの背景として森と空がある。
森の香りに包まれて思索と創作と生活が大らかに繋がり馴染んでいくことを願っている。

バスルーム写真撮影:大槻茂



【リフォーム】 house-F / 港北の家リフォーム  デッキテラスに続く家
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
築25年になる木造住宅のリフォーム。はじまりは、日常生活と既存動線の不和の指摘が発端だった。その為、ライフスタイルにフィットする新たな生活動線の再構築が最優先の課題となり、外科的なバイパス処置を施すことになった。




岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房
計画は、キッチン、浴室、リビングといった各部屋の配置は全く換えずに、繋ぎ方だけを変えるという最小限の処置で最大効果を得ることを意図している。 更に庭全体をデッキテラスにすることで、日常生活が外部空間へ連続してより豊かなものになる様意図している。川向こうの公園も一望できる心地よいデッキテラスとなっている。
ライフスタイルの変化だけでなく、内装や設備、解体時の構造補強や断熱性能強化といった基本性能の見直しまで、柔軟に処置出来るリフォームならではのメリットを生かした計画となった。
□第5回あたたかな住空間コンペ,入賞
岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房 岩佐周明/一級建築士事務所 岩佐設計工房

詳しい情報は、こちらから!
[PR]
by sumaito_news | 2009-02-18 12:00 | 建築家