S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
今日の2本目の新着情報は、三竿創さん+三竿佐喜子さん(ミサオケンチクラボ)です。
のびやかで明るい住宅は、ポートレート写真から受けるイメージと同じで、こちらまで楽しい気分になりそうなお2人です。

建築家ポートフォリオ
■三竿創+三竿佐喜子  ミサオケンチクラボ


三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ【家づくりについて】
住まいは人生でもっとも深く長く関わっていく場所です。耐久性や耐候性などハード面での長寿命化はもちろん、将来のライフスタイルの変化にも対応できるフレキシビリティ、飽きの来ないシンプルなデザインなど、ソフト面での長寿命化も心掛けています。日々の暮らしを考えた機能的な動線、光と風を取り込んだ気持ちの良い空間を得意としています。

【住宅01】 芦屋の家Ⅱ  家族の気配が分かるダイニング中心の家
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
家事をこなし友人をもてなす場でもあるダイニングルームは、この家のメインスペースです。家族の気配が吹抜を介して伝わってくるので、司令塔とも言えます。
ダイニング・リビングに面して大開口とウッドデッキを設けていますので、室内に居ながらにして、自家の庭とそれに続く隣家の庭を借景でき、四季折々の自然が楽しめます。外部を内部空間に取り入れる効果もあり、気持ちの良い広がりを得ています。
内装には火山灰左官壁、天然木フローリング、陶器質のタイルなど、自然素材を多用しています。これらはたんに調湿性・VOC吸着性などの機能が優れているだけでなく、年を経る毎に味わいが出てくるので、長く住むことの楽しみを与えてくれます。


【住宅02】 坊屋敷町の家  狭小地のワンルームの家
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
敷地は、奈良市市街地の古い町家が残る地区にある狭小地です。
ダイニング、リビング、和室の各室を繋げて長いワンルーム空間にし、さらにリビングの開口部を最大限とって、屋外にあるウッドデッキと視覚的な繋がりを持たせました。これらにより視線の抜けを生み、狭いながらも広がりある空間を実現できました。
外壁はメンテナンスの楽な黒いガルバリウム鋼板サイディングとしており、焼杉板壁や町屋特有の面格子に雰囲気を近づけています。


【住宅03】 東石切の家  ワンルームの四角い箱
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
この住宅が建つ東石切は、生駒山が間近に迫った古い閑静な住宅街です。『関西の巣鴨』とは奥さんの言。なるほどなるほど。。。
若い世代が家を持つ時代になり、周囲には次々に新しい住宅がカラフルな色、未来的なデザインで建てられいますが、この住宅はこれらの住宅とは縁を切って、古き良き東石切の要素を取り入れることにしました。
黒いガルバリウム鋼板の外壁は、焼き杉壁や黒漆喰の壁を思わせます。
古来『窓』は、柱と柱の“間”に“戸”を入れただけの『間戸』であったといいますが、この黒い壁と『間戸』を組み合わせただけという、いたってシンプルなデザインとしました。
また、ローコストを希望されていたため、何が必要で何が不要かを決めるのに打合せの大半を費やしたように思います。その結果、スッキリと贅肉の取れた清々しい住宅になりました。


【住宅04】 川西町の家  白い家
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
白い玉砂利に縁取られた白いタイルのアプローチを抜ける。玄関の床は磨かれた白い大理石、壁は丸く面取りされた大理石モザイク。リビングに入ると、フローリングは白染色のナラ材で、壁は卵の殻のような表情をした米国製の塗装。暖かい白、冷たい白。鮮やかな白、くすんだ白…。白にもいろいろあります。
この住宅では、白い素材の持つ多様な表情をいかに表現するか、という課題を付しました。白はスクリーンでもあります。生活の様々な営みを映し出します。



【リフォーム01】 深江北町リノベーション  工場のようなの住居兼オフィス
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ 三竿創+三竿佐喜子/ミサオケンチクラボ
もとは4LDKであったマンションを、住居とオフィスにリノベーションする計画でした。住居とオフィスを分けてしまうとそれぞれの空間が小さくなってしまうので、ひとつにまとめて大きなワンルーム空間としました。
屋内空間が一体感を持つことで、屋外空間である庭が身近に感じられ、実際の部屋面積以上の広がりを得ることができました。


詳しい情報は、こちらから!

[PR]
by sumaito_news | 2009-03-12 19:29 | 建築家