S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
藤原慎太郎+室喜夫 / 藤原・室 建築設計事務所
こんにちは。すまいとの岩谷です。
やっと、、、やっと、関東甲信地方まで梅雨が明けたそうですね。


藤原慎太郎+室喜夫/藤原・室 建築設計事務所さて、今日は大阪の若手建築家・藤原慎太郎 + 室 喜夫(藤原・室 建築設計事務所)の作品が追加となりました。

建築家ポートフォリオ&住まいの作品集
■藤原 慎太郎 + 室 喜夫  藤原・室 建築設計事務所



藤原慎太郎+室喜夫/藤原・室 建築設計事務所『15坪ハウス』
敷地は正確には14.5坪である。敷地は25坪から30坪は必要だと思う人も多いだろうが、大阪市内には同じような大きさで出来上がっている昔の建売住宅が多く建っている。この家はそのような築30年程の建売木造2階建て住宅を取り壊して出来た、鉄骨3階建ての住宅である。
ここに核家族形式の家を計画した。あまり予算はないが家造りに興味があり、小さい敷地で自分たちに合った家を建ち上げ生活したい人はいるはずである。建売並のローコストにはならないが、比べてもそれほど予算をかけずに、特に小さい家を考えている人に対して、標準化できる要素をこの家で具現化したいと思ったことが大きな設計主旨である。

詳しくは、こちらからご覧ください。


藤原慎太郎+室喜夫/藤原・室 建築設計事務所『▲三角ハウス』
この建物は大阪の郊外、東大阪市の角敷地に建つ店舗+住宅(家族4人)である。建坪15坪程、鋭角が約17度の三角角地となった由縁は、この敷地により遮断されていた道路を繋げる為に敷地を切り渡した残りと伺っている。そうして出来上がった前面の道路は終日、実に人通りが絶え間ないのである。この行政の影響により出来上がった条件を、店舗付住宅だからこその好条件と捕らえることで設計が可能となった。

詳しくは、こちらからご覧ください。


藤原慎太郎+室喜夫/藤原・室 建築設計事務所『I邸リフォーム工事』
クライアントのご夫婦は息子さん、娘さんが独立してそれぞれ所帯を持ちお孫さんが成長し、みんな近くに住んでおり毎日のように遊びに来ます。職業柄お客さんや仕事関係の人が多く訪れることもあり、現在の家では手狭になって来たので、近所に希望の大きさの中古住宅を購入されました。

詳しくは、こちらからご覧ください。





『15坪ハウス』は、敷地面積が約15坪、建築面積が10坪の住宅。ギリギリの面積の中で設けた0.75坪の吹き抜けが「想像以上に明るく、日が落ちるまで居住空間に照明設備は一つとして必要が無い。」そうです。
建設費用は、なんと1,900万円!


人気blogランキング←人気blogランキング。青空が嬉しくて昨日・一昨日は撮影三昧。

[PR]
by sumaito_news | 2006-07-31 12:12 | 建築家