S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
吉川弥志/吉川弥志設計工房
こんにちは。すまいとの岩谷です。
本日2度目の更新情報は、吉川弥志さん(吉川弥志設計工房)の新作を7作品ご紹介いたします。
すまいとに吉川さんがご登録いただいて以来、私は結構彼のファン。(お会いしたことはないのですが。)
今回、新作を編集するにあたって、その理由を考えていたのですが、どうも室内と外部とのつながり方に惹かれているようです。
たとえば『毘沙門天の家』の居間は、2層分吹き抜けています。吹き抜け部の上部は閉じられているので、外庭に向かって開かれた掃き出し窓に自然と視線が向かいつつ、頭頂部では吹き抜けの天井高をも感じられて、きっとこの居間はとても居心地がいいに違いないと思うんです。
材の選び方や、スケールやディテールの巧みさなど、気になるところが色々。
機会があれば、お邪魔してみたい住まいの数々です。

吉川弥志/吉川弥志設計工房建築家ポートフォリオ&住まいの作品集

■吉川弥志  吉川弥志設計工房


【家づくりについて】
家族の変化によって住まいの在り方も変わるのではないでしょうか。
未来に見据えた対応性と懐かしさを感じる住空間が必要であると思います。

『白庭台の家』 自然と住う住宅

段差の無い大きな開口部からは、視線を遮らず木々や影の揺らぎや
1日の写り変わりを楽しむことができ、自然と一体になる住空間となっています。
吉川弥志/吉川弥志設計工房
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房


『桃の木台の家』 景色のある住空間

開口部から望む景色はデッキにより人の往来する姿を隠し、
高台から望む景色は自然そのものを強く感じられる住空間となっています。
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房


『毘沙門天の家』 緑と共存する住空間

緑に囲まれた場所に位置するこの建物は、ハイサイドからは空の移り変わり、開口部からは山採りの植栽を設けることで、自然と共存する住空間となっています。
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房


『瑞穂の家』 家族の気配を感じる住空間

中庭を中心に室内からは互いに家族の気配を感じられ、
トップライトや開口部からは自然の移ろいや外の気配を感じ取るができます。
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房



『紫野の家』 間口6m奥行28mの町屋住宅

ファサードの特徴として見える大きな開口部は敷地に沿って奥行きを見せ、
また外玄関と内玄関を設けることで距離を計り空間の変化と共に間接的に内外を繋いでいます。
吉川弥志/吉川弥志設計工房 吉川弥志/吉川弥志設計工房
吉川弥志/吉川弥志設計工房

建築家ポートフォリオは、こちらから!

[PR]
by sumaito_news | 2007-02-16 16:15 | 建築家