S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:イベント情報( 4 )


『家本55人の建築家展 in 銀座』設営に潜入
こんにちは。すまいとの岩谷です。
『家本(いえぼん)55人の建築家展 in 銀座』が始まりました。

数日前、その設営準備を見せていただきました。


b0106117_11391327.jpg打ち合わせ。
段取り八分といわれるとおり、入念な打ち合わせをし、役割分担を決めます。





b0106117_11424995.jpg壁面展示物チーム。
展示物となる「家本」をカッターでバラします。
建築家にとってカッター使いはお手のもの。
丁寧にバラバラにし、見開きで1単位として順番にまとめます。



b0106117_1145592.jpg会場構成チーム。
写真左端のような窪みを埋めるため、ここにロールスクリーンを取り付けます。
いかにきれいにとりつけるか、どうやって留めるか、端の処理はどうするか、などディテールも徹底しています。



b0106117_11481733.jpg模型を展示するためのテーブルを設置。
白い布で覆います。






b0106117_1149280.jpg「裾は美しくね!」
来馬さんの指導が入りました。












b0106117_11515831.jpg丈の長かったロールスクリーンの裾をカット。
仕事が丁寧。









b0106117_11503683.jpg壁面にロールスクリーン取り付け。
壁面と面一(ツライチ)できれいです。






b0106117_11533927.jpg
「1回仮止めして、どんな雰囲気か見てみよう。」
ここで、どのラインを基準とするか、展示物と展示物の間隔をどのくらいあけるか、などが決まってきます。
うーん、段取りに卒がない!



b0106117_1156436.jpg墨出し用の水糸で水平線を出します。
この水糸、蛍光色のよなカラフルなものが多いのですが、今回は白。
準備万端ですね。
他にも、カッターやコンベックス、シャープペンシルなど、各建築家必携でした。


b0106117_12133100.jpgいよいよ貼っていきます。
順番を間違えないように。






b0106117_122145.jpgこちらでは、模型チェック。








b0106117_1281583.jpgというわけで、昨日からスタートしている『家本(いえぼん)55人の建築家展 in 銀座』
毎日誰か建築家が在廊されていると聞きました。
気軽にお話してみてはいかがでしょう?





55人の建築家の顔と名前が一致しない私は、6日(金)のオープニングパーティにお邪魔しようと目論んでいます。
(その時に、建築家がすすめる銀座の本屋やカフェやバーの情報とかを聞き出せたらいいな。)
[PR]
by sumaito_news | 2007-07-04 12:14 | イベント情報


家本(いえぼん)55人の建築家展 in 銀座
『家本(いえぼん)55人の建築家展 in 銀座』

当サイトにも縁の深い建築家たちが、銀座で(!)イベントを行います。
7月3日から21日までの約3週間、パネルの展示やセミナー、トークショーなど、
建築家との家づくりを楽しむ内容となっています。
夏の休日、銀座へお出かけの際に立ち寄られてみてはいかがでしょうか?
私はオープニングにお邪魔しようと目論んでいます。
※オープニング 7月6日(金) 18:00~ どなたでも参加OK!



建築の設計する家って最近、TVや雑誌で話題だし、憧れるけど、
知り合いに建築家なんていないし、だいたい予算も厳しいし・・・。

「さまざまな困難を知恵と経験とセンスで解決していくのが、私たちの仕事です!」
2006年に出版された『建築家の家本~55人の建築家ガイド 関東編』(建築ジャーナル)に参加した建築家が、クライントと作り上げた「家」の模型や図面を展示し、週末にはセミナーも開催します。 

自分流の家づくりを楽しみたいあなたのための展覧会です。

公式ホームページ http://www.kj-web.or.jp/iebonten/
家本展ブログ  http://iebonten.exblog.jp/


期間:7月3日(火)~7月21日(土)
時間:10時~18時 *日曜日・月曜日休館
会場:タチカワブラインド銀座ショールームB1(東京都中央区銀座 8-8-15 TEL.03-3571-1373)
入場:無料

詳しくは、こちらの専用ページからどうぞ。
参加建築家からもコメントをいただいています。
              
[PR]
by sumaito_news | 2007-06-27 13:39 | イベント情報


輪島をもっと知ろう!---週末は漆の展示会へ。
先日の能登半島地震では、当サイトの連載コラム『9坪スタジオ』で取材させていただいた輪島の桐本さんも被害に遭われました。
ご家族、職人さんたちは怪我もなくご無事でしたが、住宅や工房に大きな被害がでたとのことです。
そんな中、日本橋三越で展覧会が行われています。
ぜひ、足を運んでみてください。

■「日本の素材展 ―J・spirits―」

会期:2007年4月3日(火)~4月9日(月)
会場:日本橋三越・本館5階 リビングステージ
   ※お問い合せ先:J・スピリッツ(直通)03-3274-8533

日本の豊かさとはなにか。世界に誇れる日本とはなにか。
J・スピリッツは“21世紀の用の美”をテーマに、日本の素材、日本の装い、日本の職人、日本のクリエーターに注目し、インターナショナルに通用する“和”の世界、日常生活の中で心地よく使える品々をご紹介いたします。

※J・spiritsコーナーの3社での共同企画です。

【輪島キリモト】
楕円の桶をはじめとした、白木のシリーズを中心に展開いたします。
白木のワインクーラーを使った、春らしい爽やかなテーブルセッティングも提案する予定です。

『墨絵体験教室』
コースター5枚にお好きな絵を墨で描いていただきます。後日、輪島キリモトのスタッフが拭き漆技法で仕上げ、お渡しいたします。詳細はお問い合せください。
・日時/4月7日(土)13時~/15時~
    4月8日(日)13時~/15時~  ※各回10名様
・参加費/3,150円(税込価格)
※ご希望の日時をごお知らせ下さい。(要予約)
03-3274-8533(輪島キリモトフタッフ・三條場・吉田まで)

【東京松屋】
江戸からかみの老舗「東京松屋」からは、春のよろこびを伝える屏風を展示いたします。春の陽ざしに映える襖・障子のお貼り替えもご提案申し上げます。

【布の見世】
NUNO WORKS の布地は、型染、シルクスクリーン、転写など捺染技法を駆使し、日本の職人の手作業でつくっています。大胆なデザイン、豊かな色彩が特徴です。


その他にもいろいろとお知らせをいただいているので、ご案内しますね。
東京ミッドタウンや表参道ヒルズ、六本木ヒルズなど話題の場所から近いイベントもありますので、ぜひ足を伸ばしてみてください!

■能登の手仕事―普段使いの器  福田敏雄うるし展

会期:2007年4月5日(木)~8日(日)
   11:00~19:00 土日/17:00終了

場所:〒106-0032 東京都港区六本木4-7-14
   みなとNPOハウス2階小会議室(港区六本木)
http://www.atopicco.org/01/


■週末二日のミニミニ展'07 春「漆のものいろいろ」

会期:3/30~4/21の金曜日・土曜日

【蒔絵師”中島さんの修理店”】
4/13 14:00~
4/14 11:00~18:00
金継名人・中島和彦さんが金継および漆器の修理を
承る二日間。蒔絵師”中島さんの修理店”。
修理希望品を持参の上、来場下さい。

スペースたかもり 文京区小石川5-3-15-302
T/F 03-3817-0654


■赤木明登+内田鋼一展  漆と陶

会期:2007年4月2日(月)~10日(火)   
会場:西麻布 桃居
http://www.toukyo.com/info/info.html


■赤木明登 家具と小物展

会期:2007年4月2日(月)~4月10日(火)
会場:銀座桜ショップ企画展
http://www.sakurashop.co.jp/blog/item/136
[PR]
by sumaito_news | 2007-04-04 09:17 | イベント情報


2006.06.05 国立テンポ・ラリー
こんにちは。すまいとの岩谷です。
急ぎ、イベントのご案内です。

【国立テンポ・ラリー】
国立にできた小さなお店3つを拠点に、国立を散策するイベントです。
3店では、それぞれに「はかる」をテーマにした展覧会を開催。

・こいずみ道具店 『はかる道具』展
・国立本店     『サイズの本』展
・つくし文具店   『デザインメジャー』展

会期:6月2日(金)~11日(日)
会場:こいずみ道具店・国立本店・つくし文具店

詳細は、http://www.chub.jp/kunitachi/news/news.html#tenpoをご覧ください。

というわけで、テンポをラリってきました。

JR南武線の谷保で降りて、1番目はこいずみ道具店。
小泉誠さんが集めた色々なはかる道具が展示されています。
へぇ、こんなのがあるんだ、とひとしきり堪能した後、
私は小泉さんデザインの新色(あずき色)の手拭いと畳紙を購入。
手元にあった紺と緑の手拭いと合わせて3色揃ってご満悦。
畳紙はどうやって使おうかと思案中。

次につくし文具店に行こうと思っていたら、17時閉店ということに気付き、あえなく断念。
17時開店の国立本店に向かう。
ここでは、30cm角くらいの棚に、建築家やデザイナーなど、
いろんな人が自分の本を放出している。
棚ごとにその人の個性がでていて面白い。
お店で出会った建築家の笹さんは、自分の手元にある本は手放せなかったので、
『サイズの本』展用に新たに購入した、と笑ってらした。

本、特に古本を前にすると、どうしてあんなに興奮してしまうんだろう。
私と前後して大挙してやってきた女の子たちと争うように棚を物色。
彼女たちが手にする本を目の端でチェックしつつ、
建築の本、デザインの本、お茶の本を購入。
中でもお茶の本は、旧仮名遣いの和綴じ本で、挿画が魅力的だった。
お茶をやったことのない私でも勉強になりそう。。。
というわけで、3冊で1,800円!お買い得!

さて。
本を手に入れたあとは、どうしてもそのまま電車に乗る気にならなくて、
国立駅前で、建築家の寺林省二さんに電話して
「この辺で、気軽なショットバーみたいなお店、知ってたら教えてー」
と教えてもらったパブに足を運び、泡のまろやかなビール片手に本を読むという、
贅沢極まりない夕暮れを堪能したのでした。。。

こいずみ道具店を辞そうとした時、たまたま事務所におられた小泉さんから
「これ、お土産に」とホウセンカの種をいただいた。(写真・左上の白い紙の中)
黒地に白いハートマークの種、懐かしい!
種の半分をベランダの鉢に蒔き、半分をマンションの敷地内にこっそり蒔こうと思っている。


人気blogランキングに登録中。今日飲んだビールはKILKENNY。

[PR]
by sumaito_news | 2006-06-05 13:23 | イベント情報