S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
HOMEPAGE
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
こんにちは。すまいとの岩谷です。
先週末、事務所が1階から5階へ移動しました。
眺めは悪くないのですが、すべてFIX窓なので、季節感ゼロです。
今日のように暑くも寒くもない、穏やかな日でもエアコンを入れなければならない”オフィスビル”って変ですね。
今の時期なら、ノートパソコンを持って公園などで仕事したいなぁなんて思います。

さて、今日の新着情報は東島鋭さん(一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房)です。

建築家ポートフォリオ

■東島鋭  一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房


東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房【家づくりについて】
『五感を通して家は脳を育む』ことができます。
人は、特に子供たちは「箱」の中で暮らしていてはいけないと考えています。
機能性や快適性だけではなく、「人」が住むための本質的に豊かな住環境が、これからの「家」には不可欠だと思います。
子供たちが本来もっている感性や脳力を大切に育てること。心身共に健康に家族が楽しく暮らせること。そんな想いを胸に家づくりを始めようとしているご家族のお手伝いをさせていただければ幸いです。


【住宅01】 SERENDIPITY HOUSEⅡ  9坪の家
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
撮影:JIMA
建坪9坪の狭小地住宅です。更に、ビルトインガレージ、北側斜線制限、ローコストといった厳しい条件付。どんなに難しい設計でも狭小地住宅設計の大原則が『狭さを感じさせない』であることには変わりありません。


【リフォーム01】 建脳住宅H3-Ⅰ  既成の価値観をリセットし真の豊かさを得る
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
撮影:JIMA
機能性や快適性だけではなく、「人」が住むための本質的に豊かな住環境が、これからの「家」には不可欠だと思います。


【リフォーム02】 建脳住宅H3-Ⅱ  五感を通して家は脳を育む
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 東島鋭/一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房
撮影:JIMA
子供たちが本来もっている感性や脳力を大切に育てること。心身共に健康に家族が楽しく暮らせること。

詳しい情報は、こちらから。
[PR]
by sumaito_news | 2010-05-19 11:54 | 建築家


石 憲明/seki.design
こんにちは。すまいとの岩谷です。
今日は肌寒い一日でしたね。
5月だというのに、昨夜は毛布を引っ張り出してきてしまいました。

さて、今日の新着情報は石 憲明さん(seki.design)です。
石さんは1976年生まれの若手建築家。
今回Galleryに掲載された『SMB』=須磨浦文庫は、その名のとおり家中に書庫があるようです。
外観もユニークで、通りを歩く人の目を引き付けることでしょうね。

建築家ポートフォリオ

■石 憲明  seki.design


石 憲明/seki.design【家づくりについて】
クライアントのイメージする生活スタイルをそのまま建築にするのではなく、土地の秩序、まちの雰囲気、歴史、あらゆることを読み取り、建築に反映させることが最も重要だと思っています。たわいもない話の中からヒントを見いだす事もよくあります。そこから導かれる機能とカタチを結びつけて素直に表現できれば、よい建築ができると考えてます。
よい建築は建築家の力だけでできることではありません。クライアントと共に考え、あこがれ、夢見ることで建築も、そのプロセスも素晴らしいものとなります。クライアントにとって、そして我々にとっても素敵な体験となるよう心がけています。

photo by A.FUKUZAWA
石 憲明/seki.design 石 憲明/seki.design
左:SMB・外観   右:SMB・書庫

石 憲明/seki.design 石 憲明/seki.design
左:OTN・LDK    右:TKS・中庭

詳しい情報は、こちらから。
[PR]
by sumaito_news | 2010-05-13 18:17 | 建築家


石井淳/石井淳アトリエ
こんにちは。すまいとの岩谷です。
先日、SUICAを落としました。
クレジット機能付きなので、真っ青になって現場や行き来した道を探したのですが見つからず、最後にJRの改札でたずねると、駅員さんが「よかったですねぇ」と、奥の引き出しから出してきてくれました。
拾って届けてくれた方、ありがとうございました!

さて、今日の新着情報は石井淳さん(石井淳アトリエ)です。

建築家ポートフォリオ

■石井淳  石井淳アトリエ


石井淳/石井淳アトリエ【家づくりについて】
シンプルであきのこない建築  (文脈読込と主題探し)
自然の光・熱・風の恵みを素直に受ける建築  (自然と合理)
ライフスタイルを十分に表現する住宅  (文化としての建築)


【住宅01】 CCC  ウルトラC住宅
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
ピロティー付メゾネット型住宅  ローコストよくばり住宅
高気密高断熱などの性能は十分に確保されています。
移動家具によるルーズな分節ともあいまって、高さ方向にも流れるような空間構成です。
子供たちが丸太柱によじ登りながら成長して欲しいと願う家。


【住宅02】 PIT  湖を眺める住宅付ガレージ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
ガレージに住宅が附属しているローコスト住宅。
窓から遠く湖をのぞみます。
高気密高断熱などの性能は十分に確保されています。
カーリフトのためにイレギュラーな階高で、車を眺めながら過ごす部屋もあります。
全体がマシーンチックで、男臭い隠れ家的住宅となりました。


【住宅03】 G・PIANO  7坪にグランドピアノとアップライトピアノ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
狭小住宅にグランドピアノ、アップライトも入れました。ピアノ教室です。
ポーチやバルコニーは玄関や屋外室として機能し狭さを補います。
住宅密集地なのですが溢れる日当たりを獲得しつつ、プライバシーを守ります。
さまざまなことが2重3重の意味機能を備え、下地空間をもすべて活用しています。
クライアントは建替えが可能と知り、近隣との親密な関係を手放さずに済むと喜ばれました。


【住宅04】 b-room  数多くの私室の関連性
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
すべての居住人が個室を持つ二世帯住宅です。
多くの私室をどう住宅に取り込むか、私室の関連性にライフスタイルがあります。
リビングや水廻りなどもすべてふたつずつあります。
メインエントランスは乳白FRPが防犯性を高め明るい空間を作り、
夜には街に対しての行灯となります。


【住宅05】 モノリス  コートを持つ完全分離型二世帯住宅
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
敷地や太陽の動き、老若男女の御要望が建築を生み出しました。
2台駐車、エントランスもふたつ、中庭や大きなウッドデッキなどエレメントが盛りだくさんです。
中庭は近所の子供達の安心な遊び場としても大いに活躍しています。
クライアント工事~珪藻土塗り・和紙張り壁・ペンキ塗り・ワックス塗りなど多数、
とても楽しい現場でした。


【住宅06】 G・ファクトリー  ハード ガレージハウス
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
ローコストの中で カーリフトと音楽スピーカーのために最大の気積を作りました。
4台ガレージ、3台駐車スペース、36帖LDKは擬似シューボックスホールです。
リビングからはガレージが覗けます。ローコストでも高気密高断熱仕様です。
車いじりと音楽のための憧れの究極趣味住宅です。これでも専用住宅なんです。


【住宅07】 Void  田園都市型住宅
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
大きな吹抜をもつリビングを中心に広がる田園都市住宅です。
ご主人の音楽CD収集、奥様の書道、と趣味スペースも吹抜を挟んで配置されています。
吹抜の大きな開口部は、もちろん2mの軒の出と対で夏の日差しをさえ切ります。
明るい和室は 金揉紙張りのトコをもつ陰影礼賛的世界へと変貌します。


【リフォーム01】 三角屋根の家  リフォームしたら栗林を眺めながら暮らそう
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
栗林に眺めを定めた、開口部まで含めた大規模リフォームです。
リフォームでも高気密高断熱などの性能は十分に確保されています。
リフォーム前では考えられなかったリゾートチックな雰囲気が漂います。
住宅だけではなく、暮らしぶりもクライアントの思うスタイルに変わります。


【リフォーム02】 RVS  密集地狭小住宅には 空と大きなウッドデッキ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
石井淳/石井淳アトリエ 石井淳/石井淳アトリエ
空と大きなウッドデッキをのぞむ、開口部までも含めた大規模リフォームです。
リフォームでも高気密高断熱などの性能は十分に確保されています。
外部空間である空とデッキを取込み、驚くほどの広さ感と開放感が得られました。
既存の枠組をどういう風に捕らえ料理するのかが腕の見せ所です。

詳しい情報は、こちらから。
[PR]
by sumaito_news | 2010-05-11 17:50 | 建築家


渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所
こんにちは。すまいとの岩谷です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

さて、今日の新着情報は渡辺ガクさん(g_FACTORY 建築設計事務所)の住宅2作です。
『外の部屋のある処』の「外の部屋」や『Gallery-K & house』の壁面緑化・屋上緑化がいいですよ!

建築家ポートフォリオ

■渡辺ガク  g_FACTORY 建築設計事務所


渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所【家づくりについて】
各プロジェクトとも、その土地のポテンシャルやそこに生活する人、その場所の空気感に耳を澄まし、コミュニケーションを図りながら間取りだけではないサスティナブルな「暮らし方」を提案していきたいと考えています。

【住宅01】 外の部屋のある処  内と外の間に部屋がある家
渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所 渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所
渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所 渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所
穏やかな風景の広がる敷地。 でも豊かな周辺環境が持続する保障はない。
外部に開きながらもプライバシーを保ち、その外部の心地よさと開放性を確保出来ないかと考えて計画はスタートした。
内部でもなく、外部でもない様な空間。 部屋の様な庭の様な空間・・・。
土間の様な中庭の様な空間。 そんな住まい手の使い方や季節によって変化する境界線を曖昧にした空間がこの家の核となっている。
そこには木やツタの緑があり、子供達の遊び場となり、近隣との会話を楽しむテラスとなり縁側になる。 家の様な庭の様な・・・In and Out 。
その境界線を取り払う事によって生まれた「外の部屋」が、この家を想像以上に豊かで開放的、そして季節感のある家にしてくれている。



【住宅02】 Gallery-K & house  ギャラリーがある緑に包まれる家
渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所 渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所
渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所 渡辺ガク/g_FACTORY 建築設計事務所
地下と1階がギャラリー、2、3階がオーナー家族の住まう住宅である。
その用途上、その街のランドマークとなり、あまり住宅としての顔をデザイン的には出さないようにしたいとの要望があった。
そこで年月を経る事によって、建築の成長が楽しみとなる様に壁面全体を緑化し、1階部分には木を素地張りとしその風化の変化を楽しめる様にした。
住む人、来る人、通る過ぎるだけの人たちにもこの建築の日々の変化を感じてもらえるようにした。 屋根形状は4方からの斜線規制によって形づくられているが、その三角屋根が逆に建築のアイコンともなっている。

詳しい情報は、こちらから。
[PR]
by sumaito_news | 2010-05-10 11:53 | 建築家


渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所
こんにちは。すまいとの岩谷です。
ゴールデンウイークは天気に恵まれましたね。ゆっくり過ごされましたか?
ところで、5月1日より当社の社名が株式会社ERIソリューションに変更しました。
その変更作業などもあって、私のゴールデンウィークはゴールデンワーク。
落ち着いた頃にゆっくり休暇を取ろうと目論んでいるところです。

さて、新着情報は、渡辺隆さん(渡辺隆建築設計事務所 )の新作です。
素晴らしい眺望の住宅ですよ。

建築家ポートフォリオ&住まいの作品集
■渡辺隆  渡辺隆建築設計事務所


渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所 【家づくりについて】
家はそこに住む方を映す鏡だと思っています。その人の人生観や家族観、性格、趣味などを上手に表現した器でありたいです。


【住宅04】 ニトニノイエ   愛車と愛犬と暮らす家
渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所 渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所
渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所 渡辺隆/渡辺隆建築設計事務所
撮影:加茂写真事務所 佐藤義久
高台ならではの見晴らしと、造成宅地+斜面地という性格の異なる2区画にまたがる敷地をどう生かすか・・・試行錯誤を重ねた計画です。多趣味なご夫婦お2人と、愛犬2頭と、愛車2台とが、2つ屋根の下で暮らす、開放的で楽しいガレージハウスです。

詳しい情報は、こちらから!
[PR]
by sumaito_news | 2010-05-06 19:59 | 建築家